シャワーダイエットエクササイズをイラスト動画で紹介!
   シャワーダイエットエクササイズ☆シャワっとスクワット

メルマガ「週刊宅配ダイエット」より メルマガ「週刊宅配ダイエット」購読申し込み
 
スマートフォンでご覧の方はこちらが見やすいです→スマホバージョン

暑いときには、シャワーを浴びながら、快適にダイエットしましょ(^^♪ 体脂肪燃焼のカギとなる褐色脂肪細胞を活性化するシャワーダイエットエクササイズの紹介です。

褐色脂肪細胞???

 実は体脂肪は、白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類あります。ダイエットで燃やすべきなのは白色脂肪細胞内の油の粒なのですが、そのときに働くのが褐色脂肪細胞なのです。

褐色脂肪細胞は、エクササイズなどによって白色脂肪細胞から血液中に溶け出した体内の余分な脂肪をエネルギーに変換する・・・
・・・つまり燃やすのです。

褐色脂肪細胞は、全身にあるのではありません。首の後ろ、背中上部、腋、肩甲骨周囲などにあります。

褐色脂肪細胞を活性化することで、効率よく体脂肪が燃焼し、リバウンドを防ぎ、太りにくい体になるのです。

そこで、褐色脂肪細胞を活性化するエクササイズを紹介します。褐色脂肪細胞は寒さに対して体を守るために脂肪を燃やそうとするので、寒冷刺激を与えることで活性化します。

というわけで、褐色脂肪細胞が密集する肩甲骨周辺や首後ろ周辺を冷やしたり、暖めたりして褐色脂肪細胞を活性化しながら、クォータースクワットを行います。下半身痩せ効果もあるエクササイズです。
 
シャワーダイエットエクササイズ☆シャワっとスクワット


1,まず、シャワーの温度を42〜43度に設定します。そう、ちょっと熱めですね。

シャワーを首下、肩甲骨と肩甲骨の間くらいに浴びます。

この位置がポイント。この部位には褐色脂肪細胞という体脂肪燃焼にかかわる細胞がたくさんあるのです。

シャワーの勢いは強め、しっかり当たっている感があるくらいにしてください。

2,シャワーを浴びながら、膝の曲げ伸ばしを20回行います。

膝を曲げる角度は浅め、45度くらいにします。クォータースクワットですね。

手は腰に置き、前かがみにならずにしっかり前を見て胸を張ります。

膝を曲げるときに息を吸って、伸ばすときに息を吐く、という呼吸を意識してください。

3,シャワーのお湯を、水に切り替えます。

4,同じく膝の曲げ伸ばしを20回繰り返します。

5,再びシャワーの温度を42〜43度にして、膝の曲げ伸ばしを20回・・・

この繰り返しです。

お湯を浴びながら20回、水を浴びながら20回を5セット

つまり、合計200回のクォータースクワットをお湯と水を交互に浴びながら繰り返すということです。

シャワーの温冷の刺激は体脂肪燃焼にスイッチを入れる褐色脂肪細胞を活性化し、
全身の体脂肪が燃えやすくなります。

スクワットは太ももやヒップ周りを引き締め、下半身痩せに効果があるエクササイズですが、
今回は軽めの負荷で呼吸をしっかり意識してたくさん繰り返すことで、有酸素運動的な効果もねらっています。

燃えやすくなった体脂肪をじゃんじゃん燃やしてくださいね(^^♪


     

 部分やせTOP  お腹やせ  足痩せ  上半身やせ ヒップアップ
↓↓ 部位別ダイエットエクササイズ リンク ↓↓
バストアップの秘策☆バストアップのための簡単エクササイズ
コアを鍛えるコアトレーニング
アクアエクササイズでプールダイエット
ヒップアップに効果的なエクササイズ
足やせ・美脚のエクササイズ
足やせ・美脚のエクササイズ その2
効果があって簡単ダイエットエクササイズを厳選紹介
ダイエットエクササイズ携帯版
背中をすっきり引き締めるエクササイズ
二の腕・肩・上半身を引き締めるエクササイズ
下腹・わき腹・ウエストを引き締めるエクササイズ 
ダイエット情報やエクササイズが満載 ダイエット決定版!!
 部分やせダイエットエクササイズ〜ねらったところを引き締める

Copyright (C) 2012シャワーダイエットエクササイズ☆シャワっとスクワットAll Rights Reserved

      訪問ありがとうございます。参考になったでしょうか?わからないところは遠慮なくご質問くださいね。
                             ご質問・お問い合わせ