下腹引っ込めエクササイズ

本文へスキップ



下腹引っ込めエクササイズ
☆薄いお腹の形状記憶ドローイン☆


パソコン版はここをクリック



お腹を引き締めるには腹筋運動と有酸素運動が有効です。腹筋運動と一口に言っても、いろいろな種類があります。くびれを作るには脇腹の筋肉(腹斜筋)のエクササイズを行います。主にお腹を横に曲げたりひねったりする運動です。代表的なエクササイズはサイドベントがあります。
 下腹のポッコリ解消など、引き締まった薄いお腹にするには、お腹前面の腹筋(腹直筋)とその奥の腹横筋や腸腰筋のエクササイズを行います。主に上体起こし骨盤エクササイズ、呼吸法を行います。このページで紹介するのは呼吸法を含む腹横筋のエクササイズです。腹横筋を意識してお腹を引っ込める運動を繰り返すことで、下腹が引きしめ、ぽっこりを解消します。
  さあ、さっそくやってみましょう。


下腹引っ込めエクササイズ
☆薄いお腹の形状記憶ドローイン☆


1,仰向けに横になり、両膝を曲げて足裏をしっかり床につきます。

このとき、自然な背骨のカーブにより
腰と床の間にややスキマがあることを確認してください。
(イラスト動画の黄色い部分です)

両手は太もも付け根のやや上の下腹に置きます。

2,息を吸いながら、おへそを床に近づけるようにお腹を凹ませます。

息を吸いながらお腹を凹ませるのは初めは難しいですが、胸に空気を入れるように意識して、慣れるとできるようになります。

このとき、床と腰の間のスキマはなくなり、腰はぴったり床についています。

両手でお腹の奥の方が硬く引き締まっていることを確認してください。

凹ませたまま5秒間キープ!

3,息を吐きながらお腹をゆるめます。

繰り返しです。
10回、繰り返しましょう。

お腹の奥を意識的に引き締めてお腹を薄くする感覚を覚えると、腹横筋が形状記憶して、薄いお腹の状態が1時間程度はキープできます。テレビのダイエット番組などで、エクササイズの後、即、「ウエスト3センチダウンです〜!!」・・・なんていうのはそういうわけです。

習慣としてエクササイズを繰り返せば、それが定着して本当に引き締まって薄いお腹になっていくので頑張ってくださいね(^^♪
このエクササイズはお腹を引き締めるだけではなく腰痛の予防・改善や、便秘解消、気持ちの安定などさまざまな効果があります。就寝前などの習慣にしてぜひ継続してくださいね。


この他のお腹引き締めエクササイズ
 ↓ ↓ ↓







訪問ありがとうございます。
参考になったでしょうか?

わからないところは遠慮なくご質問くださいね。
ご質問・お問い合わせ

下腹引き締め!ドローイン スマホ版