腸腰筋エクササイズ☆寝て足踏み
本文へスキップ

☆腸腰筋エクササイズ☆
寝て足踏み

ダイエットしよう!



腸腰筋エクササイズ☆寝て足踏み

1,床に仰向けに寝て両脚を伸ばします。

腰と床の間にわずかにすきまができていますか?

その腰と床のすきまに両手を少し差し込んでください。

もしすきまがなくても両手先を差し込んで、腰が少し反っている姿勢を作ってください。この姿勢が大事です。
正確には「腰を反る」というより「骨盤上をぐっと持ち上げる」という動きです。立っているとしたら骨盤が前に傾く姿勢ですね。

無理に腰を反らせるのではありません。
本来、骨盤はほんの少し前に傾いているので床に寝ると腰の下にスキマができます。それをキープするために意識付けとして手を差し込むというわけです。

2,その姿勢で、交互に膝を曲げて片足を上げ、足踏みをするように脚を動かします。

意識するのは太ももではなくて、お腹の奥から太ももの付け根、そこが腸腰筋です。

左右で1回と数えて、10回、繰り返しましょう。






訪問ありがとうございます。
参考になったでしょうか?

わからないところは遠慮なくご質問くださいね。
ご質問・お問い合わせ